美容鍼灸

美容鍼灸って何?

「鍼灸」は鍼とお灸です。

鍼とお灸に「美容」がついて「美容鍼灸」になります。

つまりは美容(容姿を美しく整える)のための鍼灸です。

 

美容鍼灸は全身の健康状態を改善しながら外見的な容姿、特にお顔の見え方を良い方に改善していくこと目的として行います。

美容鍼灸の効果

①フェイスラインをすっきりと → 小顔効果

 

②目元がぱっちり

 

③シワやたるみ、シミなどの改善

 

 

個人差はありますが①のフェイスラインへの効果はこれまでほぼ全員の方に感じてもらっています。

ラインがすっきりすることで頬骨がはっきりとしてシャープな顔立ちになります。

硬くなったお肌に刺激を入れるので抜鍼をした後は笑顔を作りやすくなります。

眉、目、口角が上がり、若返った印象になります。

 

エラスチンやコラーゲンの再生

お肌は外側から皮脂膜 表皮 真皮 皮下組織 筋肉の順番でならんでいます。

 

表皮の厚さは0.1〜0.3ミリ。外側から角質層 顆粒層 有棘層 基底層。

お肌のターンオーバーという言葉をよく聞きます。

基底層から産まれた基底細胞が徐々に表面に向かって最後に剥がれ落ちていくことです。

紫外線や乾燥などによってこのターンオーバーのサイクルが崩れ肌荒れを起こします。

 

美容鍼灸ではその表皮の働きを支える真皮が一番深く関わってきます。

真皮は皮膚のハリ弾力の源でもあります。

 

真皮の厚さは1〜3ミリ。

約60〜80%が水でその他コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などのムコ多糖類、繊維芽細胞、皮脂腺、汗腺、毛包、血管、リンパ管、神経などで構成されています。

 


繊維芽細胞によってコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などは生成されています。

しかし、老化や紫外線の影響で新しいコラーゲンやエラスチンの再生ができにくくなってきます。

 

  1. お顔に鍼を刺すことで、わざと真皮に傷を作ります。
  2. 傷を修復しようとお肌の中では大きな変化が起こります。
  3. 活動が停滞していたお肌の中でこの突然の刺激によってエラスチンやコラーゲンが再生されます。
  • 血液やリンパ液の流れが良くなり余った水分を外へ出し酸素や栄養を補給→ツヤ
  • 角質のターンオーバーを正常化しくすみの改善
エラスチン、コラーゲンの再生によりシワやたるみむくみの改善、はりのある肌へ

 

美容鍼灸は最初は2週間間隔で来院されることをお勧め致します。

年齢やお肌の状態によっても変わりますが、続けていくことで確実にお肌の調子が良い方向へ変わっていくことだと思います。