体を温めるために

外気温が下がってくると夏の間には感じなかった冷えを感じるようになる。

いつまでも足先だけが冷たい、お腹が冷えて元気が出ないなど。

 

鍼灸のコースは基本的には鍼とお灸だけ。

でも、どうしてももっと深部から温めたい時にはインディバを使う。

下腹部、仙骨からのインディバは妊活にも使われている。

徹底的に温めると温まると気持ちいいというのがわかるようになる。

 

温まった感じを体が覚えると、体が冷えてきた時敏感になる。

早めに冷えに対して体が反応するので冷たさに強くなる。

 

なかなか汗がでないとか、冷えている状態がわからないとか、これも現代の環境のよさがもたらす悪い面だと思う。

 

とにかくこれからもっと寒くなる。

温める方法をいろいろ試すことも大事なことだと思う。

 

新しい感想のお客様には冷えが気になったのでインディバも併用してみた。

気になる方は一度お試しあれ!

 

感想はこちらから